トラブルを抱えているなら評判のいい原一探偵事務所に依頼

離婚に有利な証拠集め

ペンを持つ人

調査の期間

探偵に浮気調査を依頼する場合、離婚に有利な証拠集めをすることになります。離婚に有利な証拠とは、配偶者の不貞を理由に離婚する場合、配偶者と浮気相手との不貞行為の証拠をそろえなければなりません。探偵は、その証拠集めをするのが仕事です。浮気調査の期間ですが、一週間の中で配偶者が浮気相手と会いそうな日を特定して、不貞行為の証拠を収集することになります。たとえば、土日などの休みに会っていることがわかれば、調査は簡単です。浮気調査にかかる費用は、調査期間によって違ってきます。浮気調査にかけることのできるご予算もあるでしょうから、調査期間については探偵に納得がゆくまでご相談ください。配偶者が浮気相手と会う日がだいたいわかっていれば、調査期間を短縮することができます。なお、探偵に相談するのは、配偶者の浮気が確定した段階で相談された方がよいでしょう。浮気かどうかわからない段階で相談すると、どれぐらい費用がかかるか予測がつきません。ただし、費用をかけたくないからと調査期間を短くしすぎれば、十分な証拠を集められずに、離婚するのが難しくなる場合もあります。確実に結果を出してくれる探偵事務所に相談する必要があります。成功報酬で、結果が出た場合のみ費用がかかる探偵事務所があります。そのようなところに相談すれば、かかる費用を少なくすることができるでしょう。確実に結果を出してくれる、実績のある探偵事務所に依頼することが大切です。